ブランドものウェアを持っておらず、適当な格好でフットサルをやってると「ちゃんとしたの買ったら?」とよく言われます。

服装にお金かけたくないという主義なんですが、そのぶんシューズを重視!

だってシューズが一番大事ですよ。

足の負担や怪我にも直結しますから。

ホームの人工芝は滑りやすく、湿気が多い地形だったので、転倒を防ぐために滑らないシューズをめちゃくちゃ研究しました。

adidas、NIKE、MIZUNO、hummel、ASICS、PUMA、あとブランド名忘れたイタリアのまで複数購入して試しました。

メーカーによってサイズがぜんぜん違うし、日本人の足の形に合わないとかあります。

足にフィットしてないのに、もったいないとムリして履き続けるケースがよくあります。

これ残念。

よく滑ってこける人たちのシューズのアウトソールを見せてもらうと、スタッドがすり減っていて滑りやすくなってます。

これも残念。

フットサルシューズなんてバスケや野球のシューズとくらべたらめちゃ安いですよ!

足に合わないシューズや転びやすい危険なシューズを使い続けるリスクを背負うなら、すぐ買い替えるべき!

ベテランはシューズにこだわってることが多いです。

お気に入りのメーカー、お気に入りのモデルがあって、それを取り寄せてまで手に入れてたりします。

どのメーカーがよい、どのモデルがよい、とかの論争ではなくて、自分の足と主戦場のピッチに合うシューズを選ぶのが大事。

ちなみに我々の主戦場である田園の人工芝はロングパイルで滑りやすい部類です。

夜の時間帯で夜露で湿った状態になると、かなり滑るので、体育館用のフットサルシューズやスニーカーの使用は危険。

私はフットサルシューズを持っていなかった時に、友人と夜の田園でスニーカーでプレーしたことがあります。

2時間で2人とも十数回こけました笑

雨天後のコンディションもありましたが、二度とスニーカーでやるまいと思いました。

間違えて体育館シューズを持ってきた時も同じ目にあいました。

よそのロングパイルじゃない人工芝では、夜に体育館シューズでプレーしても滑らなかったので、人工芝によってもかなり違います。

こういった経験があるので、たまに初参加者が「シューズ持ってないのでスニーカーでやってもいいですか?」と質問してくると丁寧に危険性を説明します。

そして予備のシューズを持って行ってお貸ししてます。

自分たちが十数回こけた時の痛みと周囲に危険を及ぼしたことを思い出すからです。

シューズはほんまに大事!

若い子はオシャレなウェアにこって、シューズは何でもいいよ~というスタンスだったりしますが、リスク管理とプレーの向上のためにも一考してもらいたいところです。

カテゴリー: ブログ

sandafutsal

フットサル三田は常時参加募集中!

0件のコメント

コメントを残す

アバタープレースホルダー

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。