ドラゴンボールのヤムチャというキャラをご存知でしょうか?

初期のライバルキャラであり、強くて人気キャラでしたが、強い新キャラがどんどん出てきて、かませ犬になり、さらに出番すらなくなるキャラです。

バトル漫画のあるあるで、初期の強キャラが次々現れる強敵のインフレについていけなくなることを「ヤムチャ化」と言うスラングも。

ホームコートがあった時代、開催した大会になじみの面々がチーム参加してくれました。

彼らは世代でよく知られた実力者たちで、現役時代はあちこちからスカウトのお声がかかったほど。

ウチのグループを立ち上げた初期は、彼らに多く助けてもらいましたし、プレーヤーとしての秀逸さも際立ってました。

大会開催時に私は仕事だったため、試合は見られなかったのですが(今大会は強豪チーム揃いだけどやっぱ彼らが優勝かな?)とワクワクしておりました。

仕事を終わらせて片付けだけでも手伝おうとホームへ急行。

ほとんどのチームが帰り支度をする中、観覧席に彼らが無言で座っていました。

どやった?

あかんかった~

どこか暗い雰囲気です。

優勝逃して2位くらいだったのかな?

最近のウチのメンバーは上手い人がどんどん増えてインフレ激しいしな・・・他チームが優勝したのかな?

試合結果が書かれた黒板を見て愕然としました。

なんと彼らは全敗で最下位!

おいおいおい、初期の強キャラが集まったドリームチームやろ?

それでこんなお通夜ムードなわけ?

「あああ!チクショー!」

1人が叫びました。

ふがいない試合内容への憤りでしょうか。

「第8レース、やっぱり穴が来たで」

競馬の結果を見ていたようです。

いやいやいや、この敗戦についてじゃないんかい😅

死んだような目つきでボソボソと競馬を語り合うチームメンバーたち。

なぜ全敗?どういうこと?

審判役のスタッフに聞きましたが、オフシーズンで練習も全くしてない彼らは調整不足で全く動けなかったとか。

他チームが強かったのもあるでしょう。

うーん…それでも全敗とはね・・・

かつての憧れの猛者たちのヤムチャ化はショックでした。

ベジータやピッコロのような強キャラで居続けてほしかった!

「競馬の話ばっかしてないでリベンジしてや!次の大会も出てや!」

そう焚きつけましたが全くダメでした。

もはやボールは視界に入らず馬だけ見てらっしゃる・・・

面白いもので、彼らよりもっと上の世代のチームが、同じようにウチの大会で全敗したのですが、「次こそ勝ちたい!」と火がつき、フットサルへのモチベーションを維持してます。

そういうのええですよね。

人間、モチベーションが一番大事。

カテゴリー: ブログ

sandafutsal

 サッカー参加募集中!

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。