長い休業中で過去のことしか書くネタがありゃしませんぜ。


フットサル三田のホームコートは三田市志手原にあるのですが、最寄のコンビニはファミリーマート有馬富士南店です。

この店舗の住所は志手原なので、昔は「志手原店」だったと思いますが、新装開店した時に有馬富士南店に名称が変わったみたいです。

ホームに来る途中に立ち寄るメンバーも多いこの店で、ある時、山口蛍選手の目撃情報が。

神戸の選手ですから、県内にいても不思議じゃないでしょうが、神戸から離れた三田の郊外のコンビニに来るか?

ちなみにこのファミマ以北はコンビニすらありません。田んぼときれいな小川があってなんと蛍が見られるほどの田舎。

その蛍は本物かよ?と皆でワイワイしゃべります。

目撃者はメンバーA氏。

彼はサッカーに詳しく、プロ選手と遭遇率が高い男。

数年前にはトレーニングをしていた現役海外プロの赤星選手に声をかけて、ウチのフットサルを紹介してくれたのも彼でした。

しかし、話しを聞いたメンバーたちは誰も信じません。

「ホンマに山口蛍やったか?」

「あれは本人や!」

「絶対にお〇ちんやろw」

お〇ちんとは山口蛍によく似たウチのメンバーです。伏字にしてるのはプライバシー保護のためであって卑猥な言葉ではありません。


お〇ちんはたしかに山口蛍と髪型もヒゲも似てますし、体格もそっくり。


余談ですが、彼が山口蛍をどう思っているのかは知りませんが、2018年ロシアW杯で日本がベルギーに逆転負けの失点シーンで、みんなが山口蛍が飛び出さない守備をしたことを論じ合ってた時に彼は「蛍は悪くない!」と擁護。

私もあのシーンは、もし山口選手が前に出ても対応される状況だったんで、動かずコースを切る判断は間違いじゃなかったようにも思います。

個人的に失点場面で思ったのは、カウンターを食らう原因になったあの終了間際のコーナーキックで、高さがあり、カウンターが怖いベルギーに対してショートコーナーを使うべきだったかなぁ?と。

西野ジャパンの得点源はミドルでしたし、ここぞというところでハイリスクな空中戦を選んでしまったのが最大の失敗だったと感じます。


と、まぁ話しが脱線しましたが、みんな誰も本物の山口蛍がホームの目と鼻の先に来たとは信じません。みんなお〇ちんを見間違えたと断定ですもん。

でも目撃者とお〇ちんは同世代で仲も良く見間違えるはずないんですよね。

ってことは本人か!?

サインもらった?話しかけた?と聞くと声はかけていないとのこと。

なんでも山口蛍らしきその人物はコピー機を使っていたそうです。

目撃者は真顔でこう言いました。


「きっと移籍の契約書をコピーしてたんやろ」


思わずふき出しました。

ちょうど山口蛍選手がヴィッセル神戸に移籍した時期だったんですが、日本代表でもある有名選手がわざわざ自分でコンビニ行ってコピーするか?
事務方のスタッフや代理人とかがやるんじゃなくて?


三田のメンバーたちはお〇ちんのことを山口蛍に似てると言いますが、神戸のメンバーたちはお〇ちんはバルサのピケに似てると言います。

本人は「僕、ピケに似てますかね??」と疑問符をつけてましたが。


そのうち神戸でピケの目撃情報があったらお〇ちんじゃないかをよく確認してみてください。

見分けるポイントはデカさ。

お〇ちんは蛍(171㎝)よりデカく、ピケ(194㎝)より小さいです。

カテゴリー: ブログ

sandafutsal

 サッカーやフットサル未経験の中年が遊びでボールを蹴り始めて、誰もがフットサルをミックスエンジョイできる場を作りたいと、フットサル同好会とホームコートを作りました。常時参加募集中!

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。