その日、抜群のパフォーマンスを見せた人が不満そうなご様子。

「だめやな・・・」

「違うなぁ・・・」

自分のプレーを振り返りながら、もっとこうできたかな?いや、あそこはこうするべきか、などと自問自答してます。

はたから見れば及第点でも、本人は更に改善できると考えるもの。

皆で食事するとこの手の話はよく語られます。

(みんなよく考えてるなぁ、まだ上を目指すのか!?)と感心。

あくなき改善の意欲がフットボールを楽しくする。

この苦悶の連続は嬉しいものです。


もうこれ以上はない!完璧だ!と思えることはないでしょうが、もしそうなればどうなるか?


世界最高峰の名選手の名言がその問いに答えています。



「これ以上改善の余地がないと思う日は、サッカー選手にとって悲しいものだ」 by リオネル・メッシ

カテゴリー: ブログ

sandafutsal

 サッカーやフットサル未経験の中年が遊びでボールを蹴り始めて、誰もがフットサルをミックスエンジョイできる場を作りたいと、フットサル同好会とホームコートを作りました。常時参加募集中!

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。