2月に三田市民に愛された温泉、熊野の郷がリニューアルオープンか。

楽しみですな。

なんせジム?で汗を流して温泉入れるような施設はこのあたりには皆無ですし。

フットサルメンバーでプレー後によく温泉に行きましたが、ほろ苦い思い出があります。

5~6人で湯船に浸かってる時でした。

フットサルの話題に花が咲いてます。

若者たちが私に「だいぶ上手くなりましたねぇ」とほめてくれました。

「でもまだ・・・」

いろいろ改善点を指摘されます。

サッカー未経験の私にとってありがたいアドバイスなのでふむふむと聞きます。

「インステップキックのフォームがダメ」

確かにビギナー特有のぎこちない蹴り方であると自覚してます。

「よくわからへんのよ」

「ちょっとやってみて。教えるんで」

「え?ここで?」

周囲に他のお客さんも居なかったので、ちょっとだけならええか。

湯船から出て立ちました。

「こう?」 インステップキック動作。

「あーなんか違うな」

「うん、もっと腰入れてみて」

「こんな感じ?」空を蹴ります。

「違う!もっと足を振る!」

「こう?」

「もう1回!」

「こう?」

「ちがーう!もっと足を大きく!」

はぁはぁ息を切らしながら全裸で一生懸命何度もキックしました。

ふと湯船に浸かったまま私のキックを見ている全員が笑いをかみ殺してるのに気づきました。

(みんなキックフォームより股間を見て笑ってへんか?)

キックするたびに股間がぶらぶら揺れます。

パンツをはいてないとこんなに揺れるんですね!

「もっと軸足を曲げて!」

「・・・ちょっと自分らも手本見せてや」

人をフルチンでさらし者にしておいて。

若者たちにもフルチンキックをさせようと立たせます。

「いや~、見せるほどのもんじゃないので」

みんな股間をタオルで隠します。

そっちを見たいわけやない!

正しいインステップキックを見せてくれ!

カテゴリー: ブログ

sandafutsal

 サッカーやフットサル未経験の中年が遊びでボールを蹴り始めて、誰もがフットサルをミックスエンジョイできる場を作りたいと、フットサル同好会とホームコートを作りました。常時参加募集中!

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。