きわめて戦略的観点から必要性を感じ、このブログを書き始めたのですが、


ネタにした皆さまのプライバシー保護には配慮いたしておりまする。



「五大老」や「四天王」のおかげで今日のグループ繁栄があります。


フットサルに来ていなくても、ここを読んでくれているメンバーは多い。


みなさんに彼らのすばらしい功績を知っていただきたい。


しかし彼らは覆面レスラーのようなもの。


どこの誰かはベールに包まれているのです。


どのメンバーなのかは秘密。


ゆえに匿名性を重視し、個人特定されぬように細心の配慮で記述してます。


五大老や四天王や三大王子以外の英雄たちのことも知って頂きたい。


そんなピュアな思いで「ジャスティス(正義)」について書きました。

※参照「それが俺のジャスティス」


五大老や四天王や三大王子にもジャスティスが誰なのか絶対にわからない。


よほどの常連でも個人特定は不可能。


情報秘匿は完璧。 そう確信しておりました。



「ジャスティスって誰なんすか?」


「ひみつ♪」



「ああ・・・あのプレー内容ならおそらく〇〇さんでしょ?」



「違うよ♪」


「う~ん、敬語やったから下の世代ですよね?じゃあ〇〇くんだ!」



「・・・・(正体バレた!!)」



何を名推理してくれてんだ!工藤新一かよ。



ちなみに彼の家には名探偵コナンが全巻そろってるそうで。


このブログも更新ごとにすぐ読んでおり、同好会に一度も来たことがない家族までこのブログを読んでるそうです。


く、しかしバレたのはこの男ひとり。


同好会には現在543人のメンバーがいますが、他にバレなければよし。

「〇〇くん、「ジャスティス」やったんか?サンシャイン池崎みたいに「ジャスティスぅぅぅぅ!!!」って叫んでるの?w」


ジャスティス本人をいじる名探偵。


「ぼくじゃないですよ」と目を合わせず否定するジャスティス。


タイガーマスクやって正体がバレたらおしまいやからね。耐えてくれ!


(すまん、まさかこんなコナン野郎がいるとは予想外やった・・・)



その後、四天王や五大老をこのブログで取り上げるとこの名探偵コナンにフットサル終了後に誘導尋問されました。


「四天王の4人が誰なのか教えてくださいよ」


「個人情報はお教えできません」


「五大老の5人はええ~と、まず〇〇さんと○○さんですよね?」


「・・・・・」


「あ、あと〇〇〇さんか。」


「〇〇〇さんは入ってないよ」


「ふ~ん、じゃあ〇〇さんかな」


(はっ!?しまった。特定されてきている)



フットサル終了後はナイター消して閉門してすぐ帰りたいのに粘る名探偵。


コナン「誰が五大老で誰が四天王かわからないと気になって帰れませんよ!!」


ジャスティス『もったいつけないではやく教えてくださいよ』


君も気になるんか(笑)


執拗に続く尋問。


言えぬ!とっとと帰れ!



ホームの夜がふけていきます。


深夜にいい歳した大人がなにやってんのやら。



誰が五大老で誰が四天王で誰がジャスティスで誰が王子とかどうでもいいじゃないですか。



あなたに人を見る目があればすぐにわかるはずです。


貫禄のある重鎮っぽいメンバーがいたら。


きっとその人は五大老A、B、C、D、Eの誰かです。



粋なナイスガイがいたら。


おそらくそれは四天王AかBかCかDかの誰かです。



クールなプレーをしている貴公子がいたら。


もしかしたら王子かもしれません。


悪人を『正義の弾丸(ジャスティスシュート)』で成敗している人がいたら。


その人こそジャスティスかもしれませんね。



おそらくあの人かな??


そう思うくらいでとどめておいてくださいませ☺


握手やサインのお願いもご遠慮ください。


sandafutsal

 サッカーやフットサル未経験の中年が遊びでボールを蹴り始めて、誰もがフットサルをミックスエンジョイできる場を作りたいと、フットサル同好会とホームコートを作りました。常時参加募集中!

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。