昨年、タイのプレミアリーグに所属していた赤星貴文選手がオフシーズンに帰国した際にフットサル同好会に何度も参加してプレーしてくれました。

その時、みんなでたくさんサインをもらったり、海外のプロの話やフットサル同好会ホームでサッカースクールをやってくれていた元ガンバの三木さんとはU日本代表で面識があったことなどを教えてくれました。


とても気さくでよい方でひとりひとりの握手やサイン攻めにも丁寧に応じてくれますし、我々素人と一緒にプレーしても適度に配慮してくれます(笑)

また帰国したら来ます、昨年言ってくれていました。


ある日、SNSで赤星選手が帰国している写真を見ました。

ああ!また帰国されてるんや。またフットサル同好会来てくれへんかな?

そう思いながらもこっちからは連絡できませんでした。シャイなので。

翌々日、「今晩フットサルやっていますか?」

赤星さんが日本で使用しているアカウントで連絡が来ました。


やっていますとも!

このあたりで毎晩やっているのはフットサル同好会だけです!

めちゃめちゃうれしかったですね。

また何度も来てくれました。


相変わらずみんなをうならせるプロのすごいプレー。


上手い人ほどそのすごさがわかるみたいです。


チーム参加が来てくれた日にも来てくれたのですが、満員であまり皆がプレーできなかったので、遅くまで延長しました。


その時、赤星さんはご家族連れだったのですが、最後まで付き合ってプレーしてくれました。申し訳なくもうれしかったです。


お子さんが赤星選手に「パパがんばれ!」と叫びます。

参加者が「パパはがんばったらあかんねん」と苦笑してました。


確かにめちゃめちゃ凄い現役プロが本気でがんばったら全員やられます(笑)


お子さんはコートサイドから「パパ今度こそ勝って!」と応援。

私は「パパは勝たへんようにやってくれてんねん」とツッコミ。

まだ小さいお子さんの目にはパパのチームが負けているように見えたのでしょう。


フィジカル使わず接触もせずに対人では勝ちっぱなしでしたけどね・・・



連日、うちの【一般】や【交流戦】や【18歳以上】カテゴリーに参加してくれたので駒ヶ谷のソサイチにもお誘いしました。

広いスペースのサッカーではどんなプレーになるのかぜひ見たかったのです。


2面で40人以上集まった日曜のソサイチに赤星選手は来てくれました。


めちゃめちゃ手加減してくれていたんでしょうけどすごかったですね。


ちょうどよいタイミングでキーパーの方が2人も来てくれていたので、両ゴールを本職の方が守るお得な日だったので赤星選手にこう耳打ちしました。

「今日は広いですし、キーパーの方がふたり来てくれてるので遠慮なくシュート打ってくださいね。」

「え?いいんですか?」


少しでもプロ選手のオフのトレーニングの一環になればと思いました。


ゲームは毎回大盛り上がりでした。


キーパーの方々もナイスセーブを連発してました。

圧巻だったのは赤星選手が左サイドでの1対1の時、縦突破に見せかけてカットインしてファーにミドルシュートを打った時でした。


ディフェンスをしていた方の話によるとカットインが来るのは読めていたけど、数歩で自分がついていけないレベルだったとのこと。

しかも今まで自分が相手にしてきた相手は絶対あの状況では枠内に打てないとつぶやいてました。


サイドネットに突き刺さるエグイコースのシュートでしたが、キーパーが横っ飛びでファインセーブしてました。

びっくりしましたね。あのコースを止められるのかと。

誰かYouTubeにアップしてくれていないか?と思うようなワンシーンでした。


終了後にキーパーの方にかけよってすごかったですね!とファインセーブを称賛しましたが、本人は「あれは無理・・・」とげっそりしたご様子。


赤星選手はプロデビューが浦和レッズで、これまでフットサル同好会にはJ1経験者が3人参加してくれていました。

でもこれだけ何度もプレーに来てくれる現役プロはめったにいません。

しかも毎回サインや写真撮影に気軽に応じてファンサービスしてくれます。

全くありがたいことです。

草野球では現役プロ選手と一緒にプレーできる機会はまずありませんが、フットボールはそれがあるんですから幸福ですね。

カテゴリー: ブログ

sandafutsal

 サッカーやフットサル未経験の中年が遊びでボールを蹴り始めて、誰もがフットサルをミックスエンジョイできる場を作りたいと、フットサル同好会とホームコートを作りました。常時参加募集中!

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。