フットサル同好会は毎晩誰もが参加できるゲームを開催してます。これは全国的に見てもすごいこと。大都市の個サルでも毎晩やってるところはなかなかないですし、年齢制限があります。

フットサル同好会の参加費は個サルの半額から3分の1ですし、毎回20人集まる都市部に比べれば1回の人数も少なめでたくさんプレーできます。三田郊外で成立していることがすごいですが、「ホームコートがあるのが大きい」と言われます。確かに自前のグランドがあるチームは有利です。

ホームコートはありがたい存在ですが、一番の宝はメンバーです。人に勝る宝はない。人が集まらなければ試合になりませんし、ホームも維持できません。立派な施設があっても人不足でなくなった所は数々あります。

フットサル同好会が公園でやっていた頃からの初期メンバーもいれば週に何度も来てくれる新しいメンバーもいます。運営を手伝ってくれる方々まで居ます。人が居てくれるからこそがんばれる。人が居るから楽しいのです。

フットボールには人間性が出ると言いますが、まさに人と人との創造性。色々な方々とのプレーやコミュニケーションの数々。その全てが得がたい宝です。

カテゴリー: ブログ

sandafutsal

 サッカーやフットサル未経験の中年が遊びでボールを蹴り始めて、誰もがフットサルをミックスエンジョイできる場を作りたいと、フットサル同好会とホームコートを作りました。常時参加募集中!

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。