世の中にはスポーツや芸術や料理やコレクションなど色々な趣味がありますがスポーツは特に有意義な趣味で、その中でもフットサルはメリットが多い優良株です。
 私は少年時代から様々なスポーツやって感じたのは、社会人になってから楽しみやすいものと難しいものの差が大きいことでした。
 例えば冬季スポーツは地域や季節に左右されます。昔、アイスホッケーの少年団に入ってましたが、今やりたいと思っても社会人チームはありませんし、市内のリンクは潰れたのでスピードスケートすらできません。スキーやスノボは冬季の休日しかできませんし、遠出の費用がかかる。
 草野球は日曜の明るい時間帯しかできませんし、18人集めるのが難しい。バスケは近場にありましたが、「初心者大歓迎!女性もいます!」と聞いて安心して行ったところ、男性全員185センチ以上の大学レベルで、ミニバスレベルの私にはキツすぎでした。

 テニスや卓球、バドミントンも挑戦しましたが、個人競技は互いにラリーが続く相手じゃないと全く面白くないのが難しい。サッカーは市内にナイターがないし、平日の仕事帰りにできる所はありません。しかも22人集めるのがとにかくしんどい!
 それらの問題を全部解決するスポーツに巡り会えました。

「フットサル」です。
10人で気軽にできて、初心者が入っても盛り上がれる!(もちろん競技系のフットサルではなくエンジョイmixの方です)
 最初に見た時(サッカー習ったことない自分でも楽しくできそう!)と希望が湧きました。社会人なってから運動する機会がなかったので、趣味にできるスポーツを捜していました。
 驚いたのは自分と同じようにサッカー経験なしで社会人になってからフットサルをはじめた人が男性にも女性にもかなり居たのです。
 少年時代に野球やバスケを未経験で社会人になってから本格的にはじめた人はめったに居ないのに、フットサルでは一定数いる。主な理由は2つあります。

1、初心者に優しい業界で個人参加環境あり。
2、場所と人数の確保がしやすい。

 1、の初心者に優しいとは個人参加フットサル「コサル」の存在が大きい。参加費1000~1500円で誰でも気軽にゲームできる環境は、他のスポーツでは全くないもの。コサルのゲームは初心者に配慮してる所が多いので入門には最適です。
 2、の場所と人数の確保ですが、体育館や屋外でも夜間利用できる場所が多く、少数でゲームが成立するのがとにかく強い。
 テニスコート1面ぶんほどの面積で一度に10人がゲームを楽しめるので、土地効率も素晴らしい競技です。
 実はフットサル同好会ホームコートは建設当初はフットサルコートとは決められていませんでした。地主のご好意でスポーツに開放しようというアイディア先行でどのスポーツか未定だったのです。
 ちょうどその時に何かスポーツの趣味が欲しいと卓球やバドミントンやフットサルを試していた私は飛びつきました
 少年時代に野球をしていたこともあったので野球も考えましたが、面積足りない。テニスは競技人口が少ない。野球やサッカーより競技人口が多いフットサルしかないだろう!と地主に頼んで了解を頂きました。
 軽い趣味のつもりではじめたフットサルのプレーだけでなく、コート建設や管理維持、メンバー集めまですることになり、エキサイティングで苦楽の耐えない経験をしました。そこでわかったのが・・・
「フットサルは趣味として優れている」
 最初にシューズやボールを買った時に感動しました。野球スパイクやバスケットシューズよりシューズがとても安く、ボールも少なくて済む。服装も簡単で普段着で兼用できます。
 ルールもわかりやすく、効率よく汗をかけてしかも楽しい!

これまでたくさんのダイエットを試しては失敗してきた私でしたが、フットサルは何年たっても最高の趣味として続いていて、減量と肉体改造も大成功!

フットサルが一番の趣味になったので、ギャンブルやゲームなどの浪費がなくなり、心身も経済的にも健全に(笑)

何かスポーツしたい
新しい挑戦をしてみたい
楽しいエクササイズを探してる

日常に刺激が欲しい

そんな要望に応えてくれる趣味としてフットサルはいかがでしょう!?
カテゴリー: ブログ

sandafutsal

 サッカーやフットサル未経験の中年が遊びでボールを蹴り始めて、誰もがフットサルをミックスエンジョイできる場を作りたいと、フットサル同好会とホームコートを作りました。常時参加募集中!

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。