外国人の選手やファンが来日してJリーグの試合を見るとサポーターの鳴り物応援に驚くそうです。

海外の試合だと声援やチャントはすごいですが、太鼓をドンドン叩いたりはないじゃないですか。

あの太鼓の爆音、やかましくて情緒がないので無い方がええな、と思います。

プレミアやリーガの試合を見た後にヴィッセルの試合を見ると太鼓の爆音がうるさくてうるさくて気になりました。

日本独自の鳴り物応援は野球の鳴り物応援の伝染でしょう。

プロ野球でも高校野球でも太鼓やラッパの鳴り物応援は大嫌いです。

日本独自の鳴り物応援はやかましくて観戦の妨げになるから制限しては?という論調は昔からあるのですが、全く実現しませんね。

メジャーリーグならうるさい鳴り物応援がないので、打球音やミットの音が聞こえるのがいいところ。

昔、長嶋監督が東京ドームで「鳴り物応援を休止してプレーの音をお客さんに楽しんで欲しい」と呼びかけて鳴り物応援禁止の特別デーを実施したことがありました。

ボールの音がはっきり聞こえて最高でした。

ミスター長嶋の提案は素晴らしかったですよ。いつもの鳴り物応援でかき消されてるプレー音が聞こえるとこんなに臨場感があるものか!?と感心したものです。

残念ながらその試みは継続されませんでしたが、鳴り物応援が消滅して、プレー音を楽しめる機会がコロナ禍でした。

無観客試合になった時、ボールのキック音から選手の声かけまでめちゃめちゃ聞こえたのをご存知でしょうか?

有観客の時は、選手同士の声かけや指示出しは、聞こえませんでしたが、それらがはっきり聞き取れて面白かったのです。

フットサルの時にヴィッセルの試合で聞こえた内容が話題になりましたもん。

プロはもっと戦術的な声かけばかりと思いきや、意外に自分たちと同じような初歩的な声かけをしてるもんなんだな~と。

どこどこの場面でどの選手が誰にこんなことを叫んでたとか。

ふだん聞こえないやりとりが丸聞こえでみんな面白く感じてたみたいですね。

ウチらがプレー中に軽口を言い合って楽しみながら鼓舞するように、高次元のプロもフットボールが好きで好きで夢中なのが伝わる出来事でした。

自分はフットサルのプレー音が大好きです。

ボールのキック音や人工芝を踏みしめる音、シュートがゴールポストに当たる音まで。

駒ヶ谷体育館、田園スポーツ公園、ホームコートでそれぞれ違う音がありました。

特にホームコートの自作した鉄パイプのゴールの音は忘れられません。

普通のサッカーゴールと違って、バーやポストにシュートが当たると「キィーーーン」という管楽器のような音が出ました。

シュートがポストに当たって決め損ねたメンバーは「この音が聞きたくてわざと当てたんや!」とよく言ったものです😄

カテゴリー: ブログ

sandafutsal

フットサル三田は常時参加募集中!

0件のコメント

コメントを残す

アバタープレースホルダー

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。