2点先取ノックアウト勝ち抜き戦のオリジナルルールで6チーム参戦の大会を本日開催。

上級者が偏らないようにポッド形式のくじ引き抽選を行ってチーム編成。

初の独自ルール開催で、とまどいもありましたが、スピーディな勝ち残り対決を楽しんで頂けたようです。

ノックアウトするのとされるので、勝ち点がプラス3とマイナス3で合計6ポイントも動くので、順位がかなり変動しますw

たとえば通常の1dayリーグ戦だと5ポイント差ならまず安全圏。

しかしこのルールだと数分でひっくり返る。

1から6まで6チームが序盤は混戦でしたが、首位のチーム1は勝ち点を10ポイント以上積み上げました。

チーム1が後半に失速するとチーム3が上位へ。5番も追い上げてくる。

制限時間終了より、短時間ノックアウト勝利が連続発生し、試合数も多くなりました。

最終戦前になんと序盤に最下位だったチーム6が暫定1位。そのまま優勝かと思われましたが、わずかな残り時間があったため、滑り込みでキックオフした最終戦でドラマチックな展開が!

結果は以下の通り。

優勝  チーム3 11ポイント

優勝  チーム5 11ポイント

優勝  チーム6 11ポイント

準優勝 チーム1 6ポイント

    チーム2 0ポイント

    チーム4 0ポイント

なんだこれ(笑)

勝ち点だけで得失はなしのルールなんで同ポイント優勝はありえると予想してましたが・・・

3チーム並んだ優勝なんて初めて見るよ!

わずか3分ほどの最終戦で、チーム3とチーム5の追加ポイント発生があり、上位3チームのボードに同じ11ポイントが並んだわけです!

最後の最後まで得点を稼いだしぶとい2チームが生んだ奇蹟でした✨

 試験的に導入したオリジナルルールでしたが、通常の勝ち点計算では有り得ない大逆転可能という興味深いデータを得られました。

2点先取ノックアウトではなく、3点先取ノックアウトにする案もありましたが、そちらでしたらノックアウト率が下がってまた違う展開だったでしょう。

また来年も大会をたくさんやりますのでぜひご参加ください。それではよいお年を✋

カテゴリー: ブログ大会

sandafutsal

 サッカー参加募集中!

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。