冨安健洋選手がいきなりアーセナルでデビューしましたね。しかも先発!

まだチームに合流して1日半しか練習してない22歳の選手ですよ?

アーセナルファンの掲示板を見てましたが、さすがに今の過去最悪のチーム状況でも最速出場はないだろうという見方が大半でした。

もし出場になるとしても後半の遅い時間帯に途中出場とかじゃないか?

個人的にはそう思ってましたけど、まさかまさかの先発。はやい。はやすぎるよ笑

過去にプレミアのビッグ6に移籍して合流最速で先発した日本人選手なんていません。

アーセナルといえば過去の稲本選手もほとんど出場できなかったのを覚えてます。

結果は賞賛されるプレー内容でした。惜しいボレーシュートはニュースになってました。

66分に交代で下げられましたが、アルテタ監督は足の痙攣が理由と語っていました。それがなければ途中交代もなかったのか気になるところですね。

確かに冨安は転倒するたびに座り込んだまま両足をのばすシーンが何度もありました。

最近の冨安は東京五輪もケガで出遅れてましたし。まだベストコンディションではないでしょう。

日本代表では不動のCBですが、こうして右SBで活躍するのを見ると面白いですね。代表ではできないプレーなので。

ボローニャでは攻撃参加でいいドリブルやシュートを披露してました。

元日本代表SBの内田氏がCBとSBを兼任できるタイプのDFについてこう話したことがありました。

「(SB専門の)俺から見ればぜんぜんできてない」

誰かを名指ししたわけではないのですが、CBが本職の選手がSBをやってもできてるようでできてないよ、という話の流れでした。

元日本代表監督のザッケローニ氏は冨安が守備の国イタリアの所属チームの監督に本職のCB起用ではなく、SB起用で育てられたことを「理解できる」と評価してます。

出場回数を積んで評価されてからはCB起用もありましたが、SB起用の方が多かったのです。

アーセナルでも同じような状況になるでしょうか?

吉田選手のように長期的にスタメンで活躍して欲しいですね。

しかしもともとアーセナルの宿敵であるトッテナムへの移籍の可能性が話題になった冨安ですが、アーセナルの方で結果オーライだったような気もします。

評価も上々ですし、スタメン定着への流れがチームの苦境もあってかなり幸運な感じ。

アーセナルの監督はあのペップの弟子で名将です。今後、どのようにチームにフィットするか注目ですね。

カテゴリー: ブログ

sandafutsal

 サッカー参加募集中!

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。