全世界の20歳未満のサッカー選手の市場価値ランキングという記事を読みました。

どうせ欧州で一番人気の怪物FWハーランドが一位でしょ?

そう思いながらランキングのページをめくっていったのですが、ハーランドはもう20歳なってたようでランキングにいません。

でもどうせFWかMFが一位でしょ?

予想外に一位はなんとDFの選手でした。

バイエルンのサイドバックの19歳、アルフォンソ・デイヴィスが世界一。

しかも守備陣を統率するポジションのCBではなくSB(サイドバック)です。

欧州一に輝いたバイエルンで彼は特に輝いていましたよね。

攻撃陣の方が市場価値は高いこと一般的ですから、このニュースは時代を感じました。高額な移籍金の話題はほとんどFWやMFのスター選手ばかりが慣例ですし。。

サッカーは攻撃陣だけのものじゃない。世界一競技人口が多いフットボーラーの過半数は守備陣ですしね。

CBのファン・ダイクが高額な移籍金でリバプールに来なければプレミア制覇も欧州制覇もなかったでしょうし。

サッカーのポジションでDFは不人気。キツい走り込みを要求されるサイドバックはとくにそうです。

草サッカーやるとみんなMFやFWやりたがって、DF不足に陥りやすい。

最初、4バックのフォーメーションでキックオフしたのに、サイドバック2人が上がったまま帰って来なくなって、2バックで試合にならないとかよくありますもん。

スポーツニュースでもサッカーは得点シーンばかりながされるので、攻撃陣ばかり映る。DF陣は失点という失態だけ切り取られます。

少年サッカーでもFWやMFをやってた子がDFにコンバートされて落ち込むという話しはあるあるです。

中盤天国の日本では特にみんなMFが大好き。

特に司令塔ポジションが人気すぎて、できない人が司令塔のポジショニングしてチームがボロボロになることも。

サイドの価値と適性に気づいてほしいなぁ。

ウチのメンバーたちとドリブルデザイナー岡部さんのイベントに参加したことがありましたが、あの人のドリブル理論のわかりやすいところは、サイドの仕掛けに絞ってるところだと思います。

中央でドリブルして囲まれる人がよくいますが、ドリブルで仕掛けたいならサイドに行くべきです。

現代サッカーでサイドバックは重要なポジションですが、まだまだ一般的にはセンターラインのポジションばかり注目されて、サイドバックはスポットが当たりにくいですよね。

それだけに今回のサイドバックのアルフォンソ・デイヴィスが市場価値一位になったのは、世界中のサイドバックの子どもたちに希望を与えるニュースだと思います。

特筆すべきはアルフォンソ・デイヴィスもFW(ウィング)からDFにコンバートされてブレイクした選手だということ!

リアル「アオアシ」なんですね。

アオアシというサッカー漫画をご存知ですか?

プロを目指すFWのこだわりを持った主人公がサイドバックにコンバートされて死にものぐるいでサイドバックの攻守コンプリートを目指すアツい漫画です。

面白いですよ。なんせ主人公がDFの漫画なんて他にないですからね。

サッカー漫画の主人公はほぼFW。次点で攻撃的MF。

キーパーが主人公の漫画とボランチ(守備的MF)の漫画は1作ずつ知ってますが、サイドバックが主人公のサッカー漫画はアオアシ以外知りません。たぶん存在しないでしょうね。

ぜひ一度読んで見てください。戦術や守備の勉強にもなりますよ。

カテゴリー: ブログ

sandafutsal

 サッカー参加募集中!

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。