フットサルはゴレイロ(キーパー)専門の方は少ないので、みんなで交代して入ります。

シュートの上手い人はキーパーも上手いですよね!

私はシュート下手なんでキーパーもダメダメです・・・

反射神経が悪いのでシュートが止められないのですが、他に貢献できることはないのか?

ありますあります。

それはスロー。フットサルのゴールクリアランスはゴールキックではなく、投げてスタートなので、1試合にキーパーは何度も投げます。

他にもエリア内でキャッチした時のスローも超重要。

ビルドアップの始まりなので、ここでカットされると即失点するリスクが。

味方の足元にいかに素早く転がして渡せるか。

この大事な基本は見落とされがちですよね。

初心者キーパーほど遠投したがる。

センターサークル付近やゴール前に無理に投げ込むわけですが、まず失敗して相手ボールになってます。

サッカーと違ってフットサルはロングボールの期待値が低いんですよね。

キーパーで円盤投げする人もたまにいますが、この投げ方はNG。モーション遅いわ正確性ないわでいいことなし。

野球やバスケの経験者は投げるのが上手だったりします。

個人的にはオーバースローよりバスケのチェストパスです。両手で押し出すのでモーションも速く、正確性に優れ、ミスしにくい投げ方です。

フットサル本でキーパー解説を読むと、スローでチームに貢献する興味深い内容がありました。

それは「右手でも左手でも転がして渡せるようにすること」

右利きの人がとっさに左手で転がしてフィールドプレーヤーに渡せるか?

実戦ではカウンター時に1秒でもはやくボールを渡すことが求められます。

利き手にボールを持ち替えてるヒマはないということでしょうね。

でもこれは競技レベルでキーパー専門にやってる人の話しじゃないかな?

ウチらのようなエンジョイには必要ないかな?

・・・と思ってましたが。

ある日のゲームでキーパーしてた時です。

エリア内でキャッチしてカウンターが始動。

私は左利きなんですが、右に走り出す味方に左手で転がして投げようとするコースを敵DFに切られました。

とっさに右手で転がして右サイドへ通すことができてカウンターが成功してゴール。

利き手でムリに投げたらカットされてた場面でした。

(あの本の言ってたことは有用性あったな✨)

逆足も上手く使えて両足でプレーするフィールドプレーヤーはよく見ますが、両手を使えるキーパーはあまり見ません。

利き手じゃない方でのスローが有効になる場面もまれにあるので意識してみてください。

カテゴリー: ブログ

sandafutsal

 サッカー参加募集中!

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。