これまで自主運営の大会やよその大会なども数十回経験しましたが、大会のレベルとニーズのかねあいは難しいですよね。

フットサルのワンデーの大会の参加費は15000円~18000円くらいが一般的で、だいたい4チーム前後でやってることが多い。

問題なのはカテゴリー。

大会運営サイドとしては、頭数をそろえたいので「ビギナー大歓迎!」「女性大歓迎!」と募集概要にうたうわけです。

そして「ウルトラビギナー」や「スーパービギナー」などのカテゴリー名がついてる。

でも初心者は全くいない。

女性がゼロの方が多い。

そして上級者ばかり。

女性を入れたチームを作って出場したら、他チームは全員ガチな男性ばかりだったとかよくあります。

「フットサル大会のビギナー問題」の記事まで出てたくらいです。

ウチもいろいろ試行錯誤しながら「ミドル」「トップ」などのカテゴリーを想定して出場チームのニーズに応えられるようにがんばってきましたが・・・

これのどこがミドルやねんwww

メンバーがやばい!!

よく言われます笑



今月12日に女性やビギナーも参加しやすい大会を企画しました。

カフェをオープンしたLUCYと女友達が参加を考えて仲良しなメンバーに声かけてチームを組んでくれました。

おお~ありがたいね!

こちらも皆さんを誘って頭数をそろえるので、誘う人がかぶらないように、LUCYチームのメンバーを聞きました。

〇〇さんに、〇〇くんと、あと〇〇〇

ウチの数百人のメンバーの中でも折り紙つきの実力者ばかり。

今回はマイルド大会やで?

君たち、そのチートパーティで魔界制覇でもする気か?

マジで銀河系軍団と言われた昔のレアルのようなドリームチーム!

トップの大会でも優勝できる豪華メンバーを聞いて逃げ出したくなりました。

そんなチームがマイルド大会に来たらどうなっちまうんだ><


関係者はざわついております笑

こういう時こそ運営者の腕の見せ所なのかもしれませんが、みんなニヤニヤしてディスろうとしてる気配を感じるぅ!

この時点で東京オリンピックなみに成功が危ぶまれてる空気。

さて、どうしたものか。

LUCYのカフェに集合して話し合いましょうw

このカフェのメニューのクロワッサンたい焼きをエサに移籍交渉を仕掛けるしかないか?

なんとか皆が楽しめるようにバランスをとりたいところでございます。

参加費ひとり千円の激安大会なんであまり多くを期待しないでください笑


sandafutsal

 サッカーやフットサル未経験の中年が遊びでボールを蹴り始めて、誰もがフットサルをミックスエンジョイできる場を作りたいと、フットサル同好会とホームコートを作りました。常時参加募集中!

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。