世界各国の名手の名言もVol 15まで来ましたのでここで総集編を。

サッカーにくわしくないにわかファンの私でも知ってるワールドクラスをチョイスしてきたわけですが、国別でみるとやはりブラジル人が多いですね。続いてイタリア、アルゼンチン、ポルトガル、フランスなど。

意外なのはこれだけ各国の名手を取り上げていまだにドイツ人がゼロ!

日本人選手の名言も入れたいとよく探してるのですが、なかなか琴線に触れる名言がなくて。日本人の言葉は謙虚で優等生すぎる印象です。

逆に海外のビッグネームたちは笑えるくらい自意識過剰でインパクトあり。

常連から(こんな名言ありまっせ。おもろいでしょ)とモウリーニョの記者会見の名言が送られてきたこともありました。

私も知ってる有名な言葉でしたが、ちょっとアレすぎで不採用でした(笑)

あの人、解雇されてトッテナムに就任してから謙虚になって少し寂しいです。以前のようにぶっ飛んだことを言ってくれる方が楽しいのに。


メッシやロナウドのように誰もが知ってる選手の名言は、あまり知られていないのを選んでます。

(へぇ~こんなこと言うてたんや)

(こんな名言あったんや)

そう思って欲しいところであります。

そのうち常連の皆さんの名言も紹介するので震えて待て!

それではこれまでの名言1~15までを振り返ってみましょ。



1 ズラタン・イブラヒモビッチ (スウェーデン)

(婚約者に何をプレゼントしたのか?という質問への回答↓)

「プレゼントは俺だ。彼女にはズラタンをプレゼントした」

(結婚後に妻の誕生日で何をプレゼントしたか?という質問への回答↓)

「何もプレゼントしていない。彼女にはもうズラタンがいる」



2 ロベルト・バッジョ (イタリア)

「PKを外すことができるのはPK蹴る勇気を持った者だけだ」

「決めたPKは誰もおぼえていないが、外したPKは誰もがおぼえている」



3 ジョゼップ・グアルディオラ (スペイン)

「パスより速いドリブルはない」


4 リオネル・メッシ (アルゼンチン)

「これ以上改善の余地がないと思う日は、サッカー選手にとって悲しいものだ」


5 ルイス・フィーゴ (ポルトガル)

「私は毎回メッセージつきのパスを出している」


6 クリスティアーノ・ロナウド (ポルトガル)

「子供の頃からサッカーボールが最高のおもちゃでゲームを欲しがったことなど一度もない」 


7 ヨハン・クライフ (オランダ)

「ボールを動かせ。ボールは疲れない」


8 ペレ (ブラジル)

「どこに行っても誰もが知っている3つのものがある。キリスト、ペレ、それとコカ・コーラさ」


9 ジーコ (ブラジル)

「冒険には失敗がつきものだ。しかし失敗を恐れて冒険しなければ、その組織は衰退の一途をたどるだろう」


10 ディエゴ・マラドーナ (アルゼンチン)

「とにかくボールを預けてくれるだけでいい。あとはオレがなんとかする」


11 チェーザレ・マルディーニ (イタリア)

「サッカーに古いも新しいもない。あるのはよいサッカーと悪いサッカー」


12 ロベルト・バッジョ (イタリア)

「思いついたプレーの中で最も難しいものを選択している」 


13 ジネディーヌ・ジダン (フランス)

「常にサッカーで考えたのは昨日の自分をこえることだけだった」


14 リバウド (ブラジル)

「あのW杯のカップは黄金で出来ているからまぶしいわけじゃない。差別も貧富の差もないピッチの戦いを勝ち抜いた、豊かで強い心に満ちあふれた選手たちが手にした瞬間に輝く」


15 カカ (ブラジル)

「何かが起こるか否かは信念によって決まることを学んだ」

カテゴリー: ブログ

sandafutsal

 サッカーやフットサル未経験の中年が遊びでボールを蹴り始めて、誰もがフットサルをミックスエンジョイできる場を作りたいと、フットサル同好会とホームコートを作りました。常時参加募集中!

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。