「子供の頃からサッカーボールが最高のおもちゃでゲームを欲しがったことなど一度もない」 

by クリスティアーノ・ロナウド

ロナウドの自伝にあった言葉です。

彼の世代から、ゲームが普及した世代になるわけですが、一度も欲しがらなかったとは凄すぎですね!

ロナウドは離島の貧しい家庭の出身です。

母親がはじめて買ってくれたサッカーボールは、よい品質ではなかったけれど、経済的に苦しい中でプレゼントしてくれたことが、子供心にとても嬉しかったことやずっとそのボールで遊んだことを回顧してます。

最近の子供はゲームやスマホで遊ぶ時間が多く、外で体を使って遊ぶ時間は減り、世代別の体力測定平均値は下がり続けています。

世界的に見ればゲーム大国日本の子供たちは、ゲームを持たず、外で遊ぶ海外の子供たちにハンデを背負っているように思えます。

私もゲーム世代なんで、ゲームで浪費した膨大な時間を勉強やスポーツに有効活用できたら良かったのになぁ…と思います。

子供の時にまわりにいませんでしたか?

流行りのゲームなんて目もくれずボールで遊び続けるすごいヤツ。

私の少年団のエースがそんなタイプでしたよ。

ある世代のレジェンドのジュニア時代の話を聞いてもそうです。

公園で「サッカーやろうぜ」と声かけてもみんなポケモンやってて座り込んでるから、自分ひとりでボールを蹴り続けてた、とか。

そういう人がロナウドみたいになれるんでしょうね。

カテゴリー: ブログ

sandafutsal

 サッカーやフットサル未経験の中年が遊びでボールを蹴り始めて、誰もがフットサルをミックスエンジョイできる場を作りたいと、フットサル同好会とホームコートを作りました。常時参加募集中!

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。